会社案内

トップ > 会社案内 > 沿革

沿革

1923年 10月1日、当社の前身であるスイッチ・メーカー「(株)寺崎電機製作所」を大阪市此花区で創業。『スイッチ』を始め『分電盤』『配電盤』を製造。
1940年まで スイッチ、分電盤、配電盤事業拡張の時代。
1940年代後半 我が国で初めてMCCB(ブレーカ)を独自技術開発。
日本政府の計画造船政策にあわせ、船舶用電機設備の製造に参入。
1950年代 船舶用配電制御システムでトップメーカーの地位を築く。
組織を改め、旧寺崎電気産業(株)を設立。
1960年代 船舶用電子応用製品の開発・商品化を開始。
船舶自動化用の各種システム開発。
国内市場にブレーカの単体販売を開始。
世界的な発明『限流ブレーカ』を開発、商品化。
ブレーカ輸出のために欧州10カ国に販売代理店を確保。
1970年代 イギリス、シンガポール、ブラジルに海外拠点を設立。
大分県に(株)耶馬渓製作所を設立。
海底石油堀削装置(オフショア・オイルリグ)用配電制御システム多数納入
1980年代 旧寺崎電気産業(株)より営業譲渡を受け、寺崎電気産業(株)を設立。
FAニーズに対応し、電子機器、システム開発を加速。
テラテック(株)、テラメックス(株)を設立。
コ-ジェネレ-ション用システムの売上高が拡大。
マレーシア、スペイン、イタリアに海外拠点を設立。
1990年代 船舶用総合計装システム〈TERANET32〉を開発。
中国広州に海外拠点を設立。
国内事業所、海外拠点でISO 9000シリーズの認証を取得。
2000年代 ISO 14001の認証を取得。
スウェーデンに海外拠点を設立。
寺崎中国上海事務所開設。
佐賀県にテラサキ伊万里(株)設立。
(有)寺崎エルダ-設立。
ISO 13485の認証を取得。
ジャスダック証券取引所(現 東京証券取引所 ジャスダック市場)上場
中国上海に海外拠点を設立
2010年代 OHSAS18001の認証を取得。
陸上電力供給システムの売上高が拡大。
世界最大級の船舶用太陽光発電システムの措置。(2010年3月時点)
太陽光発電市場に向け直流用ブレーカを拡販。
2013年 10月1日創業90周年
テラテックUSA設立。
2014年 テスティングステーション/ロジスティックセンター竣工。
2016年 加美工場内に本社棟を竣工し、本社部門を集結。
2017年 トレーニングルーム開設。
テラテック(株)、本社近隣へ移転。
会社案内 COMPANY PROFILE